ブログ

究極の個人認証システム、それは脳波?! | 株式会社K.S.D.

個人を特定して、認証する技術

私たちが暮らすこのIT時代において、欠かせない技術です。

いかに、確実に個人が特定できて、悪用できないようにするか。

個人認証の技術は、常にこの課題との闘いを繰り広げて、進化してきました。

 

今や当たり前となった、パスワードによる認証

簡単に設定出来る反面、他人がそのパスワードを盗んでしまうと、容易になりすましされてしまいます。

 

そこで求められたのが、個人ごとに異なる情報での認証方法です。

指紋や虹彩、血管のパターンなどの個人の生体情報を、認証のキーとして用いる方法が誕生してきました。

iPhoneでは、TouchIDで指紋認証の技術が取り入れられていますよね。

TouchID・構造

ただ、最近では、この生体情報でさえ偽造出来る可能性が出てきたのです。

たとえば、指紋。

指紋を別のフィルムに写し取り、

それを読ませる事で認証を突破出来る裏技が編み出されています。

 

今、偽造されない究極の生体情報として、

注目されているのが、「脳波」なんです。

多くの研究から分かってきたのは、

人がある出来事や物事に反応したり、考えたりする際に現れる脳波には、

個人特有のものと思われる部分があるらしいのです。

この個人特有の脳波を、他の生体情報と組み合わせる事で、

個人認証を可能としようとする試みが、進んでいます。

※参照: 

 富山県立大学 唐山生体情報理工学研究室 – 脳波個人識別

 Binghamton University – Brainprint

凄いですね。SFチックです。

でも、現在、私たちの身のまわりにあるものも、

かつてはそう思われてきたものばかりです。

そう考えると、いつかは実現されるかもしれませんね。

 

では、また。

 

おまけ:脳波で思い出したガジェットがありました。

このnecomimiも、脳波で反応するんですよ。

コメントは利用できません。