ブログ

極小過ぎるマウスパッド開発!?親指の爪の上で自由になぞるだけ | 株式会社K.S.D.

こんなマウスパッドみたことない!

と思ったのがアメリカのマサチューセッツ工科大学メディアラボの研究者が開発した爪につけてスマートフォンやパソコンなど操作できるウェアラブル型入力デバイス

その名も「サムネイル・トラックパッド」!

bandicam 2015-04-21 13-02-56-993

この極小のサムネイル・トラックパッドを親指の爪に取り付け、

人差し指でパッドの上でタッチしたり、スライドをすることで

スマートフォンやPCなどを操作できます。

仕掛けはマイコンとBluetoothのマイクロチップとタッチセンサーというシンプルな構成。

慣れれば図形などもかけるようになるそうだが、簡単な図形ならいけそうです。

このパッドの特徴のひとつとして、キーボードやマウス、タッチパッドなど他の入力デバイスと違い、指と一体化するということがあげられます。

bandicam 2015-04-21 13-04-10-593

例えば、

スマホやタブレットでレシピをみながら料理するけど、

手が汚れてしまってページをめくることが出来ない。

といった状況でも、人差し指を爪にあててスライドするだけで

スマホなどの本体は汚れず、ページをめくることが可能となるでしょう。

bandicam 2015-04-21 13-03-33-969

 

ライティングの切り替えも!

 

このような、爪に入力デバイスをおこうと考えた開発者の1人、

bandicam 2015-04-21 13-02-48-815

シンディ・カオさんは台湾出身で、

あるとき、ネイルにつけるネイルシールが流行っているのをみてコレを思いついたのだそうです。

今は、試作段階ですが、ゆくゆくはパッドの薄型化や、

タッチセンサー部分の模様のデザインもネイルシールのように好きなものを選べるようにしたいとのことです。

もし、商品化が進めばいろいろなものに応用できるかもしれませんね。

 

コメントは利用できません。