ブログ
Pocket

将来、こんなニュースが当たり前になる?360度全方位VRで見せるニュース株式会社K.S.D.

かつて一般向けのパソコンが出始め、

ファミコンマリオラクエのキラータイトルが生まれ、広く知れわたり始めたあの頃、

もてはやされた概念がありました。

VR。バーチャルリアリティ。

仮想現実と訳されたこの言葉に、当時近未来のイメージを重ねていた方も多いはず。

このVRをモチーフにした作品として有名なのが、

アーノルド・シュワルツェネッガートータル・リコール

トータル・リコール

ですが、この時代のコンピュータには、VRは荷が重すぎました。

処理速度が追いつかなかったのです。

リアルな画像まで再現しようとするなら、

ちょっとしたスーパーコンピュータが必要なほどでした。

 

そのためか、しばらくあまり話題ともされなかったのですが、

そこへ光を指す存在が現れました。

Oculus Riftの登場です。

クラウドファウンディングで資金を集め、VR環境を実用化しようという試みは、

いよいよ今年2016年7月を目標に準備が進められています。

 

また、GoogleAppleFacebookソニーなど名だたる企業も専属の開発チームを擁し、

独自に研究が進められているVR。今後、注目される分野のひとつです。

 

と、ここまでVR、仮想現実についてご紹介してきましたが、本題はここから。

NHKが公開したサイト NHK VR Newsです。

本来のVRとはちょっと異なりますが、360度全方位の映像が体験できます

NHK VR News

タダの写真の重ねあわせではありません。

どの向きをみても、ちゃんと動いているのです。

記者がリポートしている周囲での人の動き、雰囲気を感じ取れるようになっています。

これは、実際にサイトをみてもらわないとわかりづらいかもしれませんね。

NHK VR News.

これは、ニュースのひとつ、「360度でみる記録的大雪のNYタイムズスクエア」。

画面下中央にあるメニューによって、視線を左右上下に動かしたり、

ズームしたり、引いてみたりと、思い思いの視点で見ることができるようになっています。

このニュースだと、空から降りしきる雪や、周囲を足早に歩く人たちなど、

記者のリポートと相まって、よりニュースを実感出来るのです。

 

今までのニュースでは、カメラが写す部分だけが切り取られていました。

その周囲の雰囲気は、リポートの途中に挿入される別動画で感じるしかありませんでした。

でも、このVRニュースなら、その時点の、その場所での雰囲気までも感じる事ができるのです。

もし、こうした技術がさらに改良され、リアルタイムで伝えられる様になると、

ニュース報道は大きく変わって行くのではないでしょうか

 

では、また。

コメントは利用できません。