ブログ

公共の電気料金の支払いで「Pontaポイント」が付与され | 株式会社K.S.D.

5月8日、東京電力リクルートホールディングスロイヤリティマーケティングの2社と

業務提携すると発表しました。

ロイヤリティマーケティングは、

オレンジ色のタヌキのキャラクターでおなじみの「Ponta」ポイント事業などを行う企業で、

今回同社が提供するポイントサービス「Ponta」のポイントを

電気料金の支払に応じて、付与することを検討しているとのことです。

bandicam 2015-05-11 15-57-46-205

また、東京電力が提供している無料のWEB会員サイト「でんき家計簿」(約270万会員)を

この提携により進化させ、「暮らしのプラットフォーム(仮称)」(2016年1月サービス開始予定)の構築を実現するとのことです。

 

東京電力とPontaポイントとリクルートが提携することにより、

「暮らしのプラットフォーム(仮称)」を軸とした、新たなWEBサービスの共同開発や

日常生活や人々の住まいに関するサービスを年明けより順次提供します。

 

2015年の冬には、リクルートが発行するリクルートポイントはPontaポイントに変更になる予定となっています。

リクルートのWEBサービスは、かなり広範囲に広がっており

じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、ポンパレモール等

誰もが耳にした事のある身近なサービスを展開しています。

2015年冬以降は、Ponta提携店舗に加え、これらも利用先としてポイントの使える範囲がかなり

広がったといえるでしょう。

 

コンビニでの電気料金の支払いでは、クレジットカードでnanacoにチャージするとクレジットカードにポイントがつくとしてnanacoを利用する人々が多いかと思いますが、

公共料金の支払いの際にnanacoポイントはつきませんでした。

今回Pontaで電気料金の支払いの際にポイントがつくとなると

Pontaを利用する頻度が以前よりも増加するかもしれませんね。

 

 

 

コメントは利用できません。