ブログ
Pocket

やはり、あのニュースがきっかけ?LINEが行った仕様変更株式会社K.S.D.

今や日本のSNSの中で、ダントツの人気を誇ると言っても過言ではないLINE

LINE

そのユーザー数は6800万人。

これは、日本人の二人に一人はユーザーになっている計算です。

そして、毎日利用するユーザーの割合であるアクティブ率では70.8%という、

他のSNSとは桁違いの規模を見せています。

※参照:LINE -LINE媒体資料

今回、このLINEが、大きな仕様変更を行ったのは、ご存じでしょうか?

 

その1つは、機種変更の際のアカウントの引き継ぎ方。

今までは、PINコードを確認するやり方で、

機種変更した側のスマートフォンからでも、アカウントの引き継ぎが出来ました。

しかし、今月2月からは、電話番号が変更になったりする場合には、

予め、「引き継ぎの許可設定」をすませておかないと、

アカウントが引き継げなくなりました

※参照:LINE公式ブログ – 【重要/変更】2016年最新版 LINEのアカウントを引き継ぐ方法

 

そして、もう1つが、iPhoneクローンによる覗き見対策をおこなった事

機種変更前と後の両方のiPhoneで、同じIDのLINEが見る事が出来てしまう、

いわゆるiPhoneクローン

機種変更をした事のあるiPhoneユーザーの中では、よく知られていた事です。

iPhoneクローン

今回の仕様変更により、このiPhoneクローンを新たに作る事は出来なくなりました

つまり、既に作られてしまったiPhoneクローンは、

今まで同じIDのLINEを見続ける事ができてしまうので、ご注意くださいね。

 

かつて問題になったLINEのなりすまし事件で、本人確認が強化されたりと、

LINEは、その時々において、仕様変更が行われてきました。

これは勝手な憶測ですが、今回の早急なiPhoneクローン対策は、

やはり、あのセンテンススプリングが背景にあるような気が致します。

センテンススプリング

そうでもないと、やや放置していたとしか思えないiPhoneクローン問題に、

いきなり対策をしてくる説明がつきません。

確かに、あれは衝撃的でしたからね。

当事者からすると、もっと早くに手を打ってくれればと、

恨めしく思っているのかもしれません。

 

では、また。

コメントは利用できません。