ブログ

もう待たない?!飲食店向け新オーダーシステム「スマートオーダー」株式会社K.S.D.6月26日、ハンバーガーレストラン「the 3rd Burger」アークヒルズサウスタワー店が

新しいオーダーシステムの導入を開始しました。

その名も「スマートオーダー」。

これは、モバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」を提供するShowcase Gigと、

都内で飲食店を運営するユナイテッド&コレクティブが共同で開発したものです。

今まで、メニューをオーダーするために行列が出来、10分ほど待ち時間を要した。

これを軽減するためにこのシステムの導入を考えたそうです。

■オーダーシステムの特徴

このシステムは、来店前にスマホのアプリからメニューを注文。

クレジットカード決済などで支払いが出来る「O:der(オーダー)」機能を活用し、

ユーザーのクレジットカード情報を初回のみ登録しておく。

来店者は注文番号が表示された画面を、店側に見せることで、

列に並ばずに調理したものをテイクアウト出来るというサービスです。

また、スマートオーダーでは、ビーコンを活用したサービスも提供しており、

店側は、Bluetoothの電波が届く範囲(約10m以内)に近づいたO:derのユーザーを確認することが出来る。

つまり、分かりやすくいうとドラゴンボールという漫画に出てくるドラゴンレーダーみたいなものと考えていいでしょうw

o0710036210235740067s

なので店側は、それを検知することで忙しいときも

「あ、お客さんが来る!?急げ!急げ!」

調理を来店客に手渡して

「間に合った~!」

みたいな事が出来るということですねw

ちなみにこれはユーザーの方で、事前に承諾をしたら使える機能となるようです。

7月中には、タッチ型ビーコンを利用し、ポイントシステムも導入予定だそうです。

the 3rd Burgerアークヒルズサウスタワー店のある六本木周辺にはIT企業が多く、

今後、そのIT感度の高い人たちをフックとし、スマートオーダーの認知拡大を図っていくとのことです。

当面、このシステムは同店向けに提供していくようです。

利用料や初期費用などがまだ未定とのことなので、今後どこまでを視野にいれていくのか楽しみですね。

 

では、今日はここまで。

 

 

 

コメントは利用できません。