ブログ
Pocket

まるでランタンのようなスピーカ、Sony LSPX-S1登場株式会社K.S.D.

なごむわぁ。この灯り。

ほのかな灯りを眺めていると、リラックスしますね。

Sony LSPX-S1

一見、ただのLEDのインテリア照明の様に見えますが、

これ、れっきとしたBluetoothタイプのスピーカー

Sony LSPX-S1 なんです。

Sony LSPX-S1

え、スピーカーはどこに?

と思った方もおられるでしょう。

ウーハーは、LEDの根元の部分に下向きについています。

Sony LSPX-S1

そして、ポイントは、フィラメントタイプのLEDが仕込んである有機ガラス管

このガラス管自身が震えて、透き通るような高音を奏でているのです。

名付けて、グラスサウンドシステム

Sony LSPX-S1

ガラス管を、3器の振動を加える装置によって震えさせる事で、

360度全方位に向けて、均一かつクリアーな音が広がる様に、

工夫されているのです。

 

この技術、2008年に試作されたモデル、サウンティーナに、そのルーツがあります。

当時は、このサウンティーナ、100万円というプライスが掲げられ、

商品化への道は、遙かとおくにありました。

その後の開発の結果、ようやく今回の登場となったのです。

 

もちろん、ソニーがスピーカーとして販売する以上、

その音質にも、こだわりの技術が閉じ込められています。

 

ガラス管の長さや材質選びに多くの試行錯誤を重ねた結果、

歪みの少ない温室を実現。

さらに、音声を処理するデジタルアンプや高音域を補正する技術が

ふんだんに盛り込まれ、スピーカーとして遜色のないものに仕上がっています。

 

また、スマートフォンアプリ「SongPal」を使えば、

手元で、音質や明るさの調整もおこなえます。

 

おまけに、リチウムイオン電池を内蔵しているので、

充電すると、外での使用も可能です。

レジャー先で、ちょっとした音楽を流したい時にはうってつけ。

 

このSony LSPX-S1、7万3千800円で

オンラインストアにて2月13日から発売予定です。

では、また。

コメントは利用できません。