ブログ
Pocket

どうしてそうなる?ネット業界の定説、90:9:1の比率とは?株式会社K.S.D.

インターネットの世界で定説のひとつとされるのが、一強他弱

勝ち組になれるのは、たったひとりだけという、恐ろしく厳しい世界です。

ピラミッド

実際には、1位から3位までを平均すると90:9:1の比率になるといいます。

4位以下は1%にも満たない負け組となり、静かに退場を余儀なくされてゆくのです。

 

実際のデータで見てみましょう。


・PC用のOSの市場シェア

MicrosoftのWindows=約91%

AppleのMac OSX=約8%

Linux=約1%

・検索エンジンのシェア(イギリス)

Google=約89%

MicrosoftのBing=約7%

Yahoo!=約3%

・モバイルOSの市場シェア

GoogleのAndroid=約83%

AppleのiOS=約14%

MicrosoftのWindowsPhone=約2.6%


若干のぶれがありますが、90:9:1の比率が指し示す、

圧倒的な勝者と、そのアンチたる存在、そしてその他の弱者という勢力図になっているのは

お分かり頂けたことでしょう。

 

しかし、なぜこのようになるのでしょうか?

そのひとつは、ネットワーク効果にあると言われます。

ユーザーが増えることで、どんどんサービスが向上し、

サービスが向上することで、またユーザーを増やしてゆく。

これを繰り返す事で、圧倒的な存在になってゆくという訳です。

これが無料で使用出来るサービスなら、より顕著になると考えられています。

 

もうひとつは、サービスの排他性

そのサービスを複数利用する意味があるかないかという事です。

上記のデータで言えば、

OSや検索エンジンを複数利用する必要がありますか?と聞かれれば、

多くの方は、今使用しているサービスだけで事足りるから、必要ないと答えるでしょう。

 

それが如実に判るのが、ゲーム業界です。

それぞれのゲーム機でしか楽しめないタイトルが存在する為、

複数のゲーム機を所用する事があるからです。

ゲーム機

だから、90:9:1の比率が当てはまりません。

PlayStationとWii、Xboxのゲーム機の出荷台数は、

多少の差はあるものの、ほぼ拮抗しているのです。

 

こうしてみると、私たちの日常でも当てはまることがありそうな気がします。

何気なく行動しているように見えて、実は、こうした心理が働いているのかもしれません。

 

では、また。

 

参照:Gigazine – テクノロジー業界につきまとう奇妙な比率「90:9:1の法則」とは?

The Guardian – 90:9:1 the odd ratio that technology keeps creating.

 

コメントは利用できません。