ブログ
Pocket

このチョイワルなオヤジたちは誰? ブリオーニmeets メタリカ!株式会社K.S.D.

イタリアの高級紳士服ブランド、ブリオーニ

古くから、世界中の政治家や経済界のビックネーム、

そして数々のハリウッドスターたちが愛用してきたテーラーです。

 

あまりなじみないなぁという方でも、

あの007ことジェームズ・ボンドが着用していたスーツと言えば、わかりやすいかも。

007 by ブリオーニ 007 by ブリオーニ

※ちなみに、ボンドを演じていたのは、ピアーズ・ブロズナンダニエル・グレイブ

セクシー&クールと、両極端なボンドなのは印象的。

(作品的には、1995年公開のゴールデンアイから、2006年公開の007 カジノ・ロワイヤルまで)

 

1着あつらえるだけで、ちょっとした高級時計が買えてしまうほどの、

私にはまるで縁のないブランドなんです。

このブリオーニが、

新たなクリエイティブディレクター ジャスティン・オシェイ を迎え

ブランドのキャンペーンの顔に選んだのは、あのメタリカです。

 

メタリカと言えば、メタルバンドのリビングレジェンドのひとつ。

一体、どんなコラボレーションとなったのでしょうか。

 

こんなロックなお姿が・・・、

メタリカ

なんと、見違えるようなイケメンオヤジに大変身!

ブリオーニmeets メタリカ

渋い!渋すぎる!

 

更にメンバーそれぞれのショットがこちら。

ブリオーニmeets メタリカブリオーニmeets メタリカ

ブリオーニmeets メタリカブリオーニmeets メタリカ

最初のロックなスタイルを決めている、同じ人物たちとは思えませんね。

超老舗ブランドに、新しい風を吹かせようとする、

クリエイティブディレクター ジャスティン・オシェイ の意気込み

ビシビシと伝わってきます。

 

ちょっと肩の力を抜いた感じの、オフショット的なイメージがこちら。

ブリオーニmeets メタリカ

オトナの休日を思わせるイメージが、ちょっとかわいらしく見えますね。

 

一方、メタリカのサイトでは、

メイキングを思わせるようなショートフィルムも公開されています。

オシェイが、メンバーに対して明らかにおかしな指示をしまくってます。


1.Intro:曲を聴いたことがないって、本人の前で言って大丈夫?

2.Rob:ヘドバンを横に振れっていわれてもねぇ

3.Lars:ドラムスティックを頭の上にかざして、ポージング。そりゃ怒るって。

4.Kirk;ギターを下から突き上げるようにプレイするのが、セクシー?

5.James:メタルバンドなんだから、メタルのものを持たなきゃって・・・。

無茶ぶりを仕掛けるディレクターに、メンバーの戸惑う姿が役者顔負けの出来です。


こういうしゃれのわかるオトナって、かっこいいなぁ。あこがれるなぁ。

でも、なかなかそうなれないんですよね、実際のところはね。

 

今後展開されるであろう、キャンペーンも気になりますね。

では、また。

コメントは利用できません。