ブログ
Pocket

お部屋探しに力強い味方現る ~おとり物件チェッカー~株式会社K.S.D.

3月。

毎年この時期は、新年度に向けての準備が始まる大事な時期。

進学や就職、転勤などのために、新たな住まいを探す方が一度に集中します。

 

好条件の物件ほど、早く契約されてしまうので、

普段ならちょっと条件に会わないかなぁと思うような物件でも、

背に腹はかえられないと契約してしまう方も出てきます。

 

こうした心理を逆手にとる手法として、

最近話題になりつつあるのが、おとり物件です。

おとり物件とは、実際には契約できない好条件の物件情報の事。

その物件目当てに来られた方には、おとり物件は既に制約してしまったので、

別の物件をご案内しましょうと、不動産業者が言葉巧みに誘導し、

最終的には、業者側の売りたい物件へと案内し、契約させてゆくのです。

 

ちょっとグレー気味ですが、

確たる証拠の出にくい手法ですから、

多くの不動産業者で使われる手法と言われています。

 

しかし、契約する側からすると、こんな煩わしい事はありません。

こうした状況に一石を投じたのが、

不動産業者ノマドが始めた、おとり物件チェッカーです。

物件情報の掲載されたアドレスを登録すると、

その物件が契約済みかどうかを調べてくれます

おとり物件チェッカー

見るからに、調査は自動ではなさそうです。

人力で調べている感がいたします。

それ故、安心出来そうです。

ノマドさんが、このおとり物件チェッカーを始めたきっかけは、

他社との差別化を図るためとの事。

確かに、これは業界の慣習を逆手にとった、ユーザー目線のサービスです。

色々と波風はあるかと思いますが、長くこのサービスを続けて頂けたらと思います。

 

では、また。

コメントは利用できません。