ブログ
Pocket

お菓子でプログラミング体験? グリコの新プロジェクトGLICODE株式会社K.S.D.

今回のブログのタイトルになっている、お菓子とプログラム。

この組み合わせ、一体どんな接点があると思います?

ちょっと想像出来ませんよね。

 

皆さんもよくご存じのお菓子メーカー、

江崎グリコがスタートさせたプロジェクトに、その答えがあります。

グリコl

プロジェクトの名は、GLICODE(グリコード)

グリコが発売しているお菓子の数々を使って、

プログラムを組み立てる事が出来るんです。

GLICOODE

GLICODEとは、

スマートフォン画面上のキャラクター「ハグハグ」を動かすゲームアプリ

いくつものゲームステージが有り、

「ハグハグ」がゴールにたどりつくと、次のステージへと進めます。

GLICODE

ステージをクリアする為には、「ハグハグ」にこちらから動きを伝えなくてはいけません。

その為に必要なのが、

ビスコ」「ALMOND PEAK(アーモンドピーク)

Pockey(ポッキー)」「グリコ」の4種類のお菓子。

それぞれのお菓子は置き方によって

「ハグハグ」に決まった動きをさせる事が出来るようになっています。

それを組み合わせて、動きの流れをつくり出すのです。

GLICODE

並べ終わったら、スマートフォンのカメラで撮影します。

GLICODE

すると、並べ方に応じたプログラムが生み出されて、

「ハグハグ」がその指示通りに動きます。

GLICODE

ステージをクリアしたら、並べたお菓子はご褒美です。

美味しく頂いて、次のステージにチャレンジです。

 

こうした遊びの中で、プログラムに必要な4要素

順次実行、ループ、条件分岐、ランダムを自然に学んでいけるというわけです。

GLICODE

このGLICODE総務省が推進する

平成28年度「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業にも選定されており、

今後、小学校低学年での授業展開も予定されているとの事。

 

将来、あなたの初めてのプログラムはと聞かれた時に、

GLICODEと答えるプログラマーが現れるかもしれませんね。

現在は、Android版のみインストール出来ますが、

今月8月末には、iOS版もインストール出来るようになるそうですよ。

 

 

では、また。

コメントは利用できません。