ブログ
Pocket

あのタイプライターの気分をもう1度 ~Qwerkywriter~株式会社K.S.D.

今の若い世代には、

その存在さえ知らない方が大半となったもののひとつに、

タイプライターがあります。

タイプライター

 

産業革命と共に、タイプライタン&プリンターが広まってゆき、

DTPが当たり前となった事により、

その存在は隅に追いやられていきました。

今や、パソコンなどのキーボードが採用しているQWERTY配列

その名残を残している程度です。

 

しかし、タイポライター独特のキータッチやメカニカルな動作、

独特な美しさを感じさせる造形は、多くの人の関心を集め、

アンティークグッズの定番になっています。

今日ご紹介するのは、そんな懐かしいタイプライターの雰囲気

再現したキーボード、Qwerkywriterです。

 QWERKYWRITER

デビューは、昨年。

イギリスのQwerkytoys社が、クラウドファウンディングにて出資を募り、

US版とUK版の販売が行われていました。

そして、ようやく日本でも販売が始まったのです。

 

 

キーボードは、1930年代頃のビンテージタイプライター

イメージした作りになっています。

QWERKYWRITER

キートップは、ややへこみのある当時と同じ作り

QWERKYWRITER

また、キータッチをできる限り再現するため、

メカニカルスイッチ青軸を採用。

更に、キーストロークも深めの4mmと、細部にまでこだわっています

QWERKYWRITER

注目なのは、リターンバー

タイプライターでは、改行の際に使われるレバーを再現。

キーボード上では、enterキーとして使用できるほか、

ショートカットキーとして、機能を割り当てる事も可能です。

QWERKYWRITER

このQwerkywriter

接続はBluetooth

対応機種は、スマートフォン&タブレット、Mac&Windowsと幅広く、

iPhone&iPad(iOS8~)、Android(4.1~)、

Macintosh(Mac OSX 10.10~)、WindowsPC(7~)に対応します

Qwerkywriter

また、奥にはタブレットが立てられるスタンドがあり、

最大10インチまでのタブレットをノートブックのように使う事が出来るんです。

QWERKYWRITER

このキーボード欲しいなぁと思ったあなた。

ちょっと残念なお知らせがひとつ。

あまりのこだわりのため、お値段が少々お高くなっています。

日本での販売サイトである、Just My Shopでのお値段は、

5万4千799円!とお高め。

しかし、既に在庫は残りわずかとアナウンスされていますから、

ご希望される方はお急ぎ下さい。

 

このキーボード、某外資コーヒーショップで使用したら、

注目の的、間違いありませんよ。

では、また。

コメントは利用できません。