ブログ
Pocket

あなたも覗かれているかも?監視カメラを覗き見出来るサイト、発見される株式会社K.S.D.

近頃では、街中のそこかしこに設置されている監視カメラ

普段、私たちは、監視カメラをさほど気に留めることはありません。

カメラ

個室のようなプライベートスペースに設置されていたら、

ちょっとは気になるはずですが。

 

監視カメラの多くが公共スペースを俯瞰で捉えており、

撮られた映像は、カメラを管理する会社や組織に所属する

特定の人間しか見ていないはずという思い込みも、

その一因かもしれません。

 

しかし、そうではありません

実は、監視カメラの一部は、いとも簡単に、

誰もがネット上からカメラ映像を覗けてしまうのです。

 

そうした映像の数々を紹介しているのが、ロシアのサイト、Insecam

世界中に存在する、ネット上から覗けてしまう監視カメラの映像を見る事が出来ます。

国別に分かれており、もちろん日本のカメラ映像もあるのです。

Insecam

驚くのは、日本で覗けてしまうカメラの数。

最多のアメリカ(約7千400台)に次ぐ第2位で、約5千800台!(1月22日現在)

あちこち覗かれてしまっていますよ。

 

でも、どうして、こんな簡単に覗けてしまうのでしょうか。

その理由は、とってもシンプル

 

こうした監視カメラは、離れた場所からの遠隔操作が出来るように

ネット上に接続されています。

そして、各々のカメラにはIDとパスワードを持たせて、

必要な時にはアクセス出来るようになっているのです。

このIDとパスワードが、メーカー出荷時のままで設置されている為、

そのメーカーの初期設定が判っていれば、そのカメラに侵入することは造作もありません

 

なんて不用心って思われる方もおられると思います。

しかし、皆さんも同じような事をしているかも。

例えば、ネットを接続する為に購入したルーター。

設定画面を開くためのIDとパスワード、初期設定のままなのではありませんか?

そのままだと、ルーターを誰かに乗っ取られてしまうかも。

 

ネット上に接続するものは、みな同じ危険があるのです。

皆さんも充分お気をつけて。

 

では、また。

コメントは利用できません。